鰹節 メーカー

大阪の社長TV

商品紹介

鰹節のだしのとり方

メディア掲載情報

だしの選び方

だし製品

鰹節だしパックモニター様の声

かつお節写真館

コロカ大阪コロプラ

日本百選
日本百選の地域名産品に
選ばれました。
となりの人間国宝さん
「となりの人間国宝さん」に
選ばれました。

食の都大阪

レシピ

うどんそば産業展



学ぶ・楽しむ

鶴橋市場ツアー

メールマガジン購読

QRコード

てっぱん NHK 朝ドラ

お問い合わせ

▼お問い合わせは下記まで

info@katsuobusi.com

かつおぶし詳細情報 日本の味をつなぐ

「だし」をベースにした調味があります。このような考え方は日本料理において見られるもので、日本以外の世界の料理にはありません。鰹節のだしは日本人にとって大切な食文化なのです。
「だし」それは素材の個性を引き立てる天才
 

日本の食文化は「和食」の文化であり、和食に欠かせないもの、それは「だし」です。

「だし」というのは、「味付け」とは違います。あくまで味の「土台」であり、それはまさしく「和食の基本」でもあります。

だしの美味しさは「うま味」であり、出汁が効いていないと、料理が味気なくなります。この「うま味」が効いていると、料理は断然美味しくなります。だしは素材の味やうま味を上手に引き立て、醤油・塩・みりんなど調味料の「土台」となります。「だし」はすなわち、和食には決して欠かせない「縁の下の力持ち」的存在なのです。

素材の持ち味・美味しさを最大限に引き出すこと・・・・
それが鰹節と昆布のだしです。

 

続いてのお話はコチラ ・ ・ ・