鰹節 メーカー

大阪の社長TV

商品紹介

鰹節のだしのとり方

メディア掲載情報

だしの選び方

だし製品

鰹節だしパックモニター様の声

かつお節写真館

コロカ大阪コロプラ

日本百選
日本百選の地域名産品に
選ばれました。
となりの人間国宝さん
「となりの人間国宝さん」に
選ばれました。

食の都大阪

レシピ

うどんそば産業展



学ぶ・楽しむ

鶴橋市場ツアー

メールマガジン購読

QRコード

てっぱん NHK 朝ドラ

お問い合わせ

▼お問い合わせは下記まで

info@katsuobusi.com

かつおぶし詳細情報 日本の味をつなぐ

鰹節のだしをベースにした調味があります。このような考え方は日本料理において見られるもので、日本以外の世界の料理にはありません。鰹節のだしは日本人にとって大切な食文化なのです。

「和食」 それは日本の食文化そのもの

古来から日本人の味覚を培ってきたもの。それは『和食』。

日本各地で取れる食材を使い、日本古来の調理法で調理されたものを日本料理、すなわち和食と言います。

和食の特徴は、田や畑で取れる米や野菜などの農作物、そして海や川で取れる魚介類が多く使われている事です。

四季があり、温暖湿潤な日本ならではの気候に合わせて、古代から人々が栽培してきた農作物、海に囲まれた島国ならではの豊かな海産物は和食にはなくてはならない存在です。

そしてもうひとつ、和食はこのような素材の味を最大限に活かした味付けがされている事も大きな特徴であり、和食は人間の口・体・心を癒し、温かい気持ちにさせてくれます。こうした「和食」は、今では外国からも大きな注目が集まっています。

欧米の食事に比べカロリーが低く栄養価が高い和食は、高カロリー・メタボリックに悩む欧米の人々にとって理想的な食事と言えるのでしょう。また、欧米の食事に人気が傾きかけていた日本国内でも和食にもう一度目を向ける人が多くなっています。国内でも健康面や素材の良さ、「体にも心にも優しい和食」に、もう一度注目するようになっているのです。

 

続いてのお話はコチラ ・ ・ ・

 

日本各地の素材を日本の調理法で調理してきた「和食」が、なんと言っても日本人の口・体・心に最も合うのでしょう。