鰹節 メーカー

大阪の社長TV

商品紹介

鰹節のだしのとり方

メディア掲載情報

だしの選び方

だし製品

鰹節だしパックモニター様の声

かつお節写真館

コロカ大阪コロプラ

日本百選
日本百選の地域名産品に
選ばれました。
となりの人間国宝さん
「となりの人間国宝さん」に
選ばれました。

食の都大阪

レシピ

うどんそば産業展



学ぶ・楽しむ

鶴橋市場ツアー

メールマガジン購読

QRコード

てっぱん NHK 朝ドラ

お問い合わせ

▼お問い合わせは下記まで

info@katsuobusi.com

かつおぶし詳細情報 鰹節の名前の由来・鰹節の歴史

カツオはなぜ『鰹』なのか?
カツオは「魚」に「堅」と書きます。カツオに「鰹」という字を使う様になったのは、江戸時代以降の事なのですが、それ以前は「堅魚(かたうお)」と表記されていました。ではなぜカツオは堅い魚なのでしょう?   神社などの棟木についた飾りを「堅魚木」とも呼んでいるところからも、カツオが昔から重宝され、朝廷への献上品であった様に、カツオは高い評価がありました。
 

一説には、日本人がその昔からカツオを干物にして食していたからではないかと言われています。

また、『古事記』には「型魚」という言葉で登場しています。『大宝律令』や『養老律令』、『延喜式』には「堅魚」、「煮堅魚」、「堅魚煎汁(かたうおいろり)」などと表記され、カツオ加工品が当時の賦役品になっていた様です。トカラ列島には、「かつほぶし」と書かれた最古の記録が残されており、平安朝以前には、伊豆・土佐・紀伊など10カ国から朝廷に貢納されています。

ただいま担当者が鋭意作成中・・・

 
 
 
口福の鰹節をご家庭に