鰹節 メーカー

大阪の社長TV

商品紹介

鰹節のだしのとり方

メディア掲載情報

だしの選び方

だし製品

鰹節だしパックモニター様の声

かつお節写真館

コロカ大阪コロプラ

日本百選
日本百選の地域名産品に
選ばれました。
となりの人間国宝さん
「となりの人間国宝さん」に
選ばれました。

食の都大阪

レシピ

うどんそば産業展



学ぶ・楽しむ

鶴橋市場ツアー

メールマガジン購読

QRコード

てっぱん NHK 朝ドラ

お問い合わせ

▼お問い合わせは下記まで

info@katsuobusi.com

かつおぶし詳細情報 鰹節はこうして作られる

濃縮とバイオテクノロジー
320 320 320

鰹節はだしを取ったり、そのまま食べたり出来る食品素材ですが、そこには栄養成分の濃縮と機能性が保持されており、日本の食文化のルーツがあります。 製造には歴史的変遷を伴って構築された手順に基づいて、食素材としての鰹節が生み出されてきます。 今もなお、伝統的な製法の技を習得した職人によって、繊細な息吹を吹きこまれながら仕上げられます。

伝統食品である鰹節は、現在のスローフードの精神やバイオテクノロジーの先端的技術などに深く関連し、機械化の進んだ現在においても食文化と科学を考えていく上で、大いに参照して学ぶべき点が多い食品です。まだまだ解明されていない事もたくさんあります。「和食」を楽しむ上で、料理の繊細な色、形、味、香りの原点となり土台となっている、この鰹節をなんとしても後世の人に伝えて行きたいと思っています。

 

 

 

最先端のバイオテクノロジーでも「素晴らしい」、「理にかなっている」と言われる、鰹節のカビつきの技術。 その昔、先人たちは科学的知識があったわけではない中で、素晴らしいものを作り出しました。「生かつおからどのような工程を経て鰹節になるのかを一度ご覧下さい」本当に昔から多くの「手」と「時間」をかけて作り出している鰹節です。仕上げ節までは、最短でも約半年かかります。

 

 

続いては ・ ・ ・

鰹節の体脂肪率ってどれくらい?答えはコチラ ・ ・ ・