鰹節 メーカー

大阪の社長TV

商品紹介

鰹節のだしのとり方

メディア掲載情報

だしの選び方

だし製品

鰹節だしパックモニター様の声

かつお節写真館

コロカ大阪コロプラ

日本百選
日本百選の地域名産品に
選ばれました。
となりの人間国宝さん
「となりの人間国宝さん」に
選ばれました。

食の都大阪

レシピ

うどんそば産業展



学ぶ・楽しむ

鶴橋市場ツアー

メールマガジン購読

QRコード

てっぱん NHK 朝ドラ

お問い合わせ

▼お問い合わせは下記まで

info@katsuobusi.com

緊急解明! 市販「顆粒だし」「液体だし・めんつゆ」の中身とは?

現在、スーパー等の小売店で多く販売されている「だしの素(顆粒だし)」「液体だし(白だし・めんつゆ)」。
メーカー毎に風味や味に多少の特徴はあるものの、その中身(原材料)はほぼ似たものである事をご存知でしょうか。
そこで、現在市販されている「顆粒だし」「液体だし」の中身をご紹介したいと思います。
顆粒だし(一般的なもの)
食塩 30%
糖分 25%
化学調味料 30%
その他(風味原料など) 15%

液体だし(一般的なもの)
食塩 13%
糖分 2%
化学調味料 7%
エチルアルコール 5%
水分 65%
その他(風味原料など) 8%
 

左図をご覧頂くと、「顆粒だし」「液体だし」共に、化学調味料+食塩・糖分が主原料になっているという事がよく分かります。

メーカーによっては、「食塩」の分量が40%以上になっている事もあるというから驚きです。ちなみに「風味原料」というのは、鰹節加工工場の製造過程で鰹節を煮塾した時に出る「煮汁(本来廃液として処分されていたもの)」から作られるものが主です。

という事は・・・皆さんお気付きの様に、市販の「顆粒だし」や「液体だし」には「鰹節」が原材料に使われていないという事なのです。(もちろん全メーカー全商品がそうではありませんが)

皆さんはこの事実をどのように感じられますか?

体にも心にも
優しい「だし」をおススメします
 
似て非なるもの「簡易だし」
320

一般的に、「だし」が必要なときに一番認知されている商品は、上記の粉末だしや顆粒だしだと思います。 素晴らしいCMで、イメージの良さ・使い易さ・便利さ・素材の良さをアピールしています。これについては鰹節業界全体が見習わなければならないところだと思います。

しかし、このような「だし」と鰹節からとった「だし」は何が違うのでしょうか?

その違いを知った上で、判断されているのであればそれ以上は何も言いません。すべてのモノには表裏があり、メリットデメリットがあります。

  だし
320
塩分は23倍!!
 

インスタントコーヒーのように「かつおだしを濃縮乾燥したもの」ではありません。

結論から言えば

粉末だし・顆粒だしのデメリットは、なんと言っても「塩分」と「糖分」と「化学調味料」です。

原材料にある約50〜70%は、分かり易く言えば、「砂糖」と「塩」です。約10%未満が鰹エキスパウダーや鰹節粉末でその他が化学調味料やうまみ調味料といわれる「グルタミン酸ナトリウム」です。

顆粒だしのトップブランドの商品でも、最近は「15%減塩」と表示がありますが、食塩相当量は35%です。同量程度の砂糖が配合されることで、辛さも甘さも中和されます。

昆布と鰹節から取った「出し」には塩分も糖分もわずかしか存在しません。(詳しくはこちら)同じ600ccでだしを作った場合の食塩相当量は、かつお節の場合は0.06g、顆粒だしの場合は1.4gとなります。なんと、約23倍の塩分相当量となります。

塩分・糖分の取りすぎは、皆さんが一番気にされるところだと思います。ほぼ毎日(味噌汁等で)使う「粉末・顆粒だし」から天然だしではありえない数十倍の塩分と糖分を知らない間に取らされています。

  塩

これって、すごくないですか?

味噌汁一杯(150cc)に換算するとわずかなことかも知れません(顆粒だしでも0.35g)。でも体は食べるものの積み重ねによって形成されています。ご判断されるのは、皆さんです。それに対してどうこう言うつもりはありません。

でもかつお節屋であり、和食の文化に携わる者として、皆様には全てを分かった上でご判断をしていただければと思う毎日です。

320
体は食べるものの積み重ね・・・
 

便利さの影で失われてきたもの・・・・

添加物だらけの食材に囲まれた食生活を見つめ直す時期がきていると感じています。

間違いなく皆さんも分かっていることですが、 食べる事はたくさんの植物や動物の命を頂いて、感謝しながら頂くもの。大切なたくさんの命を頂いて、命を繋げていくものだと思います。

「ただおなかを満たすもの」「栄養を取るためだけのもの」では、同じ食事をするのも意味が変カわってきます。そのようなことを感じにくくなった今の飽食の国「日本」があります。今の子どもたちはそのようなことを感じる機会は家庭においても、社会においても少ないのが現状です。親自身も感じなくなってきているのかもしれません。

これは日本の食文化的の危機的なことです。

 

心と体は表裏一体。親から受け継いだ大切な体と心。健康に、幸せに過ごしていくために大人たちがまず理解し、今の習慣を見直して行くことが重要だと思います。

子どもたちの未来のため、日本の食文化をつないで行くために・・・・

320
減塩の食事を目指すのであれば・・・
 

厚生労働省が指導している、一日の塩分摂取量の目安は・・・

○塩分は、1日10g以下にしましょう
(2003年、WHO/FAOは専門会議報告の中で、一日の食塩摂取量の目標値を5g以下としている)
高血圧の場合は、1日6g以下にしましょう。
 
○塩分6gはどれくらい?
・カップラーメン 1人前 (塩分4.3〜6.3g)
・市販のお弁当(塩分 4〜6g)+インスタント味噌汁2g)
・加工食品、インスタント食品、丼物、漬物、佃煮など塩分の多い食品は控えめに

しかし、薄味にすれば、楽しい食事が味気ないものになってしまいます。

そこで解決してくれるのが、「だしたっぷりの、塩分控えめ」で体にも心にもやさしい食事になります。

  味噌汁