鰹節 メーカー

大阪の社長TV

商品紹介

鰹節のだしのとり方

メディア掲載情報

だしの選び方

だし製品

鰹節だしパックモニター様の声

かつお節写真館

コロカ大阪コロプラ

日本百選
日本百選の地域名産品に
選ばれました。
となりの人間国宝さん
「となりの人間国宝さん」に
選ばれました。

食の都大阪

レシピ

うどんそば産業展



学ぶ・楽しむ

鶴橋市場ツアー

メールマガジン購読

QRコード

てっぱん NHK 朝ドラ

お問い合わせ

▼お問い合わせは下記まで

info@katsuobusi.com

学ぶ・楽しむ 鰹節のうんちく、おもしろ話

鰹節マニアの「うんちく《「面白話《
 
   
 
? 削り節は繊細
670
鰹節を削った「削り節《は放置しておくと 、すぐに酸化が始まります。削りたてから30分程すると酸化が始まります。
酸化した鰹節は色がくすみ香りが飛んでしまいます。 包装技術が進み、「削りたて」とほぼ遜色がない状態で品質を維持しながら、 削り節を流通させる事が出来る気密包装を施すのですが、やはり「削りたて」の味・香りには劣ります。気密包装をしてある削り節を開封したら、削り節は保存食ではなく生ものだとお考え下さい。
開封後は冷凍庫で保存して下さい。そうすると削り節の劣化が一番緩やかになります。削り節は腐らなければ使って特に問題は無いのですが、風味は格段に落ちてしまいます。 削り節は「生もの《とお考えください。
包装
 
 

→ 続いての鰹節のうんちくとおもしろ話はコチラ

 

   
↓↓ 繊細な鰹節が持つ旨味と香り。削りたての鰹節をそのままパック。鰹節だしパックはコチラ
口福の鰹節をご家庭に